パルテミラ~麗しの女帝国~【予告編(プロローグ)】

 *著者――ポカフォフ(プロセイン王国)

 プリニウス暦一一九七年。蒙句麗帝国が、アルケサス朝の首都テシオンに侵攻した。
 当時世界の四分の一を支配していた超大国が、史上最大規模の兵力で行った攻囲戦である。テシオンは二週間足らずで陥落し、なだれ込んだ蒙句麗兵により、市街は破壊と殺戮の嵐にさらされた。百万とも言われた市民は死に絶え、神殿、礼拝堂、学校、図書館……先祖代々受け継がれてきたあらゆる建造物、文化財が灰燼と化した――

 かつてこの地には偉大な帝国があった。
 パルテミラ帝国――大陸の東西を結ぶ絹の道に跨る砂漠の大国である。大陸各地からさまざまな交易品、文化がもたらされ、最盛期には大ローマ帝国に並ぶほどの栄華を誇ったという。
 帝都テシオンは世界で最も先進的な都市の一つであり、学術、芸術、信仰の中心地として栄えた。一定の年齢に達した市民は学校に通い、優れた成績を収めた者は、さらに宮廷図書館で学術や魔法の研究に励んだ。聖殿には少年達の美声が木霊し、劇場には連日のように定員を超える観客が押し寄せた。
 しかしやはり、パルテミラが歴史上の他のどの国とも決定的に違うのは、女性が絶大な力を持っていたという点であろう。帝位は代々女系で継承され、国政は主として女性が司り、軍事においても、主戦力は女の戦士であった。
 残念なことに、テシオンの貴重な史料が焼失した今となっては、パルテミラ史のほとんどは、各地に散在する僅かな史料と外国の記録からでしか、うかがい知ることができない。
 だがここにひとつ、興味深いものがある。
 大ローマ帝国のパルテミラ遠征に参加していた将軍――ベテルギウスが書き残した手記である。
 二五年のカルデアの戦いから、同年セルキヤの戦いまでの短い期間ではあるが、最盛期のパルテミラ帝国内部の様子が、この書には詳細に記されている。

 そして物語の始まりは、カルデアの戦い前夜から―― 

 

********************

『パルテミラ~麗しの女帝国~』
異国に恋した将軍が綴る物語――神秘と哀愁漂うオリエンタル・ファンタジー

2021年2月頃~ブログにて連載開始予定!

********************

 

どうも、ご無沙汰しております!
現在制作中の新作、いつチラ見せしようかと迷っておりましたが、今日はクリスマスということで、プロローグだけこちらに載せてみました。
本編はブログにて、遅くとも来年二月中には公開しようと考えています(いろいろ賞に応募したいので、カクヨムでの公開は当分控えておくつもりです)。

これまで大長編の『宝永の乱』一本でやっていましたが、このまま完結作品を持たないままではまずいと思い、第二部執筆開始までの休載期間を使って、本作を書くこととなりました。
執筆歴4年半目にして、初めての一人称です。
なんだかんだ言って、小説を書くきっかけとなった作品は一人称だったので、実は一人称の方が相性がいいのかもしれません。
ゲームをする時とかは、自作のキャラクターになりきって他のプレイヤーと交流することが多いので、それに近いノリで書いているような気がします。
相変わらず遅筆ですが、文章を書くのがこれほど楽しいと思ったことはありません。

さて、プロローグからも分かるように、本作はかなり変則的です。
最初から狙っていたわけではありませんが、結果的にいろんなことに挑戦しています。
冒頭からバッドエンドだったり、一人称なのにプロローグは三人称だったり、それから主人公が頭おかし……
執筆を始める直前まで、自分でもこんな作品になるとは思っていませんでした。『宝永の乱』と同じ世界線の物語ではありますが、それを読み続けて下さっている方でも、好みが分かれるかと思います。
しかしハマる人にはハマるはず。
長い付き合いなのに申し訳ないけど、正直私は『宝永の乱』より好きです。

どうぞご期待ください!
(ハードル上がったのか下がったのか分からぬ……笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。