第6章:知恵と芸術の都テシオン

 

 テシオンは豊かで美しい、夢の都だった。
 街にはトラキヤ風の建物が立ち並び、行き交う人々は、髪色、顔形も様々。共通の特徴と言えば、月や星の模様が入った絹服くらいなものだ。それもオレたち西側の人間からすれば、ほんの一握りの上流階級にしか手にできない代物なのだが。
 王宮前広場メイダーネ・シャーは、普段は市場として開放されているようだ。主要なトラキヤ語、ペルシス語の他、聞き慣れない言語が多数飛び交い、陶磁器、青銅器、絨毯、宝石類に香水など、東西諸国から運ばれた品が売り買いされている。
 陳列されているのは物ばかりではない。頭に載せた蛇を笛の音で操る褐色肌の美女、危険な技で人々を震えおののかせる軽業師、いつぞやの、禍々しい水晶玉を抱えた怪しげな老婆も、昨日見かけた。
 東西の文化が融合した世界が、そこにあった。
 だがこの街の真の魅力は、もっと別のところにあった。
 単なる寄せ集めではない。テシオンにも、独自に花開いた文化があるのだ。

「ああロダ! どうしてあなたはロダなの?」
 夜空に向かってつぶやく、少女役の幼精。
 ため息のような、悲哀に満ちたその声は、音響魔法エコースティカで円形劇場の全体にこだまする。
「そんな名前はあなたじゃない。ロダと呼ばなくても、あなたはあなたじゃないの。ラーレ(チューリップ)がなんと呼ばれようと、あの甘い香りと美しさは変わらないでしょ? だからお願い、ロダ。私のためにその名を捨てて」
「君のためなら、喜んで捨てるよ!」
「!」
 突然、暗がりから響いてきた声に、少女が驚いて振り向く。
「誰?」
「僕だよ。君が好きと言ってくれた。名前はもう捨てちゃった」
「もしかして、ロダ……?」
 名を呼ばれた声の主は、『導きの光オル・ルフズミン』に照らされた舞台に姿を現した。
 もふもふの、純真無垢な白い髪。見ているだけで幸せな気分になる笑顔。
 誰あろう、パルテミラの至宝――ジェロブだった。ロダと呼ばれようがなんだろうが、それはジェロブだった。美しさの変わらない、世界でただ一人のジェロブ。
「ロダ……どうしてこんな所に?」
「君にもう一度会いたくて、気付いたらここに来ていたんだ」
「全部聞いていたのね。ああもう、恥ずかしい」
「大丈夫だよ。僕だって、同じ気持ちだから」
 図らずも想いが通じ合い、抱き合う二人。悲鳴にも似た、黄色い歓声が客席から漏れる。
 それから少女役の幼精が身体を離し――
「やっぱりダメだよロダ。見つかったら殺されちゃう!」
「いいんだ。死ぬのは怖くない。君に会うためなら、どんな危険だって冒すよ。たとえ君が最果ての海オケアノスの彼方に居ても、僕は探しに行く」
 見つめ合う二人の姿が、『蜃気楼ミラズ・アルサラブ』に映し出される。
 顔と顔が、ゆっくりと近付いていく。「おおっ!?」と、観客たちの期待が最高潮に達する、その寸前――『導きの光』の照明が消え、舞台の幕が下りた。
 続きは、また来週。
「ああ~!」
 二万人分の落胆の声が、客席から舞台に滑り落ちていった。
 オレもその中に、さりげなく混じっていた。

 御前試合から一週間。オレはテシオンの街を一人で出歩けるようになっていた。
 大魔神ヴェルダアースに勝ったという肩書きが、やはり大きかった。今やこの街でオレの名を知らぬ者はいないだろう。多分。
 この日、オレはテシオン幼精歌劇団の公演を見に来ていた。
 今しがた演じられたのは、史上最高の名作と讃えられる『ロダとユーリエ』の一幕。
 互いに憎しみ合う二つの氏族、それぞれに生まれた男女が紡ぐ、禁断の恋の物語だ。
 男を締め出しているこの街で、このような恋愛ものがもてはやされているのが、なかなか興味深い。いや、むしろその反動と見た方がいいのだろうか。
 テシオン幼精歌劇団はその名が示す通り、幼精だけで構成されているのだが、これが今、パルテミラ国内で爆発的な人気を博しているらしい。前の席の人なんかは、ジェロブを一目見たいがために砂漠を越えてきたと、自慢げに語っていた。
 オレはもっと遠くから来たけどな!
 余韻に浸っているうちに、客席側が明るくなり、お別れを告げる曲が流れ始める。
 まだ帰りたくないな――と思いつつ、オレはまた舞台に視線を戻す。
 客席の最前列に、見覚えのある後ろ姿を見つけたのは、ちょうどその時だった。
 そいつもまだ帰りたくないのだろうか、席を立つ気配がない。
 オレは人の流れがまばらになった頃を見計らって、声を掛けに行った。
「そこにいるのは、エミール! エミールじゃないか!」
「なっ!? お前は……!」
 ギョッとして振り向くエミール。ロダを見つけたユーリエよりもいい反応だ。
 実を言うと、今日はエミールに街の案内を頼もうと思っていたのだが、忙しいからと断られていた。なるほど、これは忙しい。
「さては、お前もジェロブという甘い花の香りに誘われてここに来たんだな?」
 流石はジェロブ! パルテミラの至宝! 老若男女はもとより、同じ幼精すらも虜にしてしまうとは――と、オレは勝手に決めつけ、うんうんと一人で納得する。
「なに言ってんのか分かんないけど、別にそういうのじゃないから」
「またまたぁ~、素直じゃないんだから」
「いや、あのさ……そもそもオレ、ジェロブとほぼ毎日会ってるんだけど?」
「なにぃ!?」
 心の声が、思いっきり口を突いて出る。
 ユーリエの父が娘とロダの関係を知ったら、きっとこんな反応をするんだろうな。
「オレたち幼馴染だし、ジェロブも王宮にいることが多いから、今でも普通に会うよ」
「なんだ、エミールってジェロブと友達だったのか」
「まあな。今日は夜の公演ってことで、その送り迎えで来てるんだ。ほら、最近はこの街も物騒になって来ただろ? 一人で帰らせるわけにはいかないじゃん」
「そうだな。夜道は危ない。オレもこの前殺されかけたしな――林檎食ってる時に」
「わ、悪かったよ……て言うか、まだ根に持ってるの?」
「いいや? 今となってはいい思い出さ」
 そんなこんなで時間を潰していると、舞台脇の出入り口から、劇を演じた幼精たちがぞろぞろと出てきた。果物屋の店主役、立派な鼻毛の領主役、欲張り爺さんに意地悪婆さん、ユーリエ役の長髪幼精、そしてロダを演じた――ジェロブ!
「エミール~! お待たせ~!」
 こちらに気付くと、ジェロブは手を振ってパタパタと駆け寄って来た。
 そしてオレの存在にも気付き、翠玉エメラルド色の瞳を輝かせた。
「あっ、ベテルギウスさん! 見に来てくれたんですね!」
「ま、まあな」
 ジェロブに会うためなら、最果ての海オケアノスも最寄りの砂漠もへっちゃらさ――という言葉は心にしまう。ああ、オレらしくもない。
「どうでした? 僕上手く出来てました?」
「そりゃあもう、最高に可愛かったぞ」
「えへへ……」
 照れ笑いするジェロブ。褒めると殴ってくるエミールとは大違いだ。
「男役が可愛かったらダメだろ」
 案の定、無粋なことを言うエミール。オレは便乗して言ってやった。
「そうだな。男は薄汚い欲にまみれた愚かな生き物じゃないとな」
「やっぱ根に持ってるでしょ」
「いいや?」
 今となってはなんとやら。
 なんの話か分からないであろうジェロブは、きょとんとした可愛らしい顔でやり取りを見守っていたが、やがてオレの顔を見上げ――
「ねっ、ベテルギウスさん。もしよかったら、僕たちと一緒に帰りませんか?」
 なにぃ!?
 願ってもない、思いがけない提案。オレは二つ返事で飛びつこうとしたのだが……
「やめとけよ。こんな奴とつるんでたら頭おかしくなるぞ」
 おい、エミール! なんてことを言うんだ!
 一体オレをなんだと思っている? ジェロブには刺激が強すぎるとでもいうのか?
「いいじゃん。男の人と話したことなかったから、もっと話してみたい」
 そうだそうだ! きっと役作りの参考になるぞ。
「あとベテルギウスさんって強いんでしょ? ヴェルダアース将軍にも勝ったんだってね」
 そうだぞ! オレとエミールでジェロブ親衛隊を組めば、万敵も恐れることはない。
 かくして、ジェロブの強い希望とオレの願望で、その日は三人で帰ることとなった。

 劇場のすぐそばには、アミュンタス王立学校がある。
 元々この学校は、ペルシスを滅ぼしてこの地を征服したマルゲニアが、王の名を冠して建てたものだという。マルゲニアはトラキヤの辺境にある国で、アレクセロス大王の時代に世界帝国を築いた。そして征服した国々に、トラキヤの文化を広めていったのだ。トラキヤ色の強いテシオンの街並みには、そういった背景があるのかもしれない。
 オレたちは帰る前に、学校の緑広場でくつろいでいくことにした。
 どこからともなく聞こえてくる、素朴でのんびりとした笛の音。
 じゃがいもを投げ合って遊ぶ三人組。
 その向こうでは人だかりができていて、華やかな衣装で着飾った美女と美少年とが妍を競い合っている。
 一般市民にも開放されたこの広場は、憩いの場であり、自由な表現の場でもあった。
「僕たちは、この学校の同期だったんだ。今年卒業したばっかりでね」
 芝生の上に寝そべり、楽しそうに語るジェロブ。
 エミールはふてくされた顔でそっぽを向いている。
「読み書き、算術、芸術とか、基本的なことは十二歳までに学んで、残りの三年間は自分の好みに合わせて、専門的に学んでいくんだ。そして僕は古代語魔法が専門」
「意外だな。芸術とかじゃないんだな」
「うん。古代語魔法はまだ歴史が浅いから、新しい発見が多いし、なにより人の役に立てるから好きなんだ。古代語魔法は今や、この街になくてはならないものだからね」
 確かにな。今ではすっかり当たり前になってしまったが、『導きの光』がなければ、この緑広場は真っ暗闇だ。テシオンの娯楽の象徴たる歌劇にも、複数の魔法が使われていた。
 と、そこへ、そっぽを向いていたエミールが口を挟む。聞き耳はしっかり立てていたようだ。
「こいつ一応、王宮魔術師なんだぜ。新しい魔法も何個か開発してるし」
「なにぃ!?」
 歌も踊りも演劇もできて、古代語魔法もそこまで極めているのか。ジェロブすげぇな!
「ふふ……そんなに驚かなくても」
 いやいや、驚くよ。なあ?
 神よ……いくらなんでも、ジェロブ一人にいろいろと与え過ぎではないか? まあ、そうしたい気持ちはよく分かるが……
 あまり動揺しているとかっこつかないから、オレは平静を装ってエミールに話を振った。
「エミールは学校で剣術とか習ってたのか?」
「ん? まあ、そうだけど」
「いつかは、オレみたいな立派な戦士になるんだな」
「なんでだよ!? オレが目指してんのは、ヴェルダアース将軍だから」
「オレはヴェルダアースに勝ったぞ?」
「あれはまぐれだろ。あとお前、オレに負けてたじゃん」
「いや、あれはなし……」
 ふと、オレはエミールとジェロブを見比べて、あることに気付いた。
「エミールって、幼精にしては割と身長あるよな」
 それを聞いたジェロブが、エミールの隣に転がっていく。
「ホントだ。去年までは僕の方が高かったのにね。抜かされてる」
「幼精ってその年になっても背伸びるのか?」
「伸びる人は伸びるんじゃない?」
 当の本人は、あまり嬉しくなさそうだ。身長は戦士に求められる、重要な資質の一つなのだが。まあ、大人になれない幼精に多少身長があったところで……という話ではある。
「そんな伸びてない。ジェロブが縮んだんだよ」
「縮んでないよ。この前測ったばっかりだもん」
「じゃあ今日は縮んでるんだ」
「縮んでないよ」
「縮んだ」
 なぜ、エミールがそこまで意固地になるのか分からないが、これはこれでいいか……
 可愛らしい言い争いを繰り広げる二人を見つめて、オレはニヤけた。
 剣の道を進むエミールに、歌も踊りも演劇も古代語魔法も極めるジェロブ。それぞれが夢を持ち、のびのびと自由に暮らしている。これほど笑顔にあふれた都は、地上に二つとないだろう。やはり、ここは天国だ。
「ねぇ、ベテさん。これからもずっと、この国にいるんですか?」
「ああ、多分な」
「やったぁ!」
 飛び跳ねて無邪気に喜ぶジェロブ。ああ、なんて可愛らしい。
 これだから、人々はジェロブに夢中になるのだろう。一挙一動が、人を幸せにする。みんなから愛される性質を、彼は生まれながらにして持っているのだ。
 オレはもうすっかり、テシオンに住みつく気でいた。もうこの都を離れられない。
 願わくば、ベテおじさんと呼ばれる日まで、この都で生きていきたいものだ――
 そのあと、王宮前までジェロブを見送ってから、オレは宿に戻った。
 今夜はいい夢を見れそうだ。

 実はその夜、オレは知る由もなかったが、ある凶報が王宮を震撼させていた。

 将軍スレイナが、暗殺されたのだ――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。