プロローグ

 渦巻く巨大な雲が陽光を遮り、妖しげな光を地上に落としている。
 その光を浴びて赤く染まる森の奥から今、一匹の獣が飛び出した。それは狼にも似ていたが、漆黒の毛で覆われた細い体と頭ほど大きな牙は、日ノ本に棲むどの種からもかけ離れている。魔界のようなこの地にふさわしい姿形。まさに魔獣。
 獣が駆けて行くその先には、黒服を身に纏った男の姿があった。
 息を荒らげながら獣が襲い掛かる。その瞬間――
 ガッ!
 男の突き出した刀が、獣の細長い体を貫き通した。
 それから少し遅れて、男と同じ黒服を身に纏った者たちが、森の中からぞろぞろと現れた。彼らの背には、大きく〈殲鬼〉の字が入っている。
 妖怪を殲滅するために集められた剣豪衆――殲鬼隊せんきたいである。
「こいつで最後か?」
「多分な。いやぁ、よく逃げる奴だったぜ」
「やめろ。なんかかわいそうになってくるじゃないか」
 男たちが騒いでいるとそこへ、鷹のような鋭い目をした初老の男がやって来た。彼は黒服の上に、さらに赤い陣羽織を羽織っている。
「あ、隊長! 終わったようです」
「ご苦労」
 隊長と呼ばれた男は、たった今仕留めた獲物を確認してから、皆の前に進み出た。
「近頃は町に妖怪が出ることも少なくなった。これもひとえに諸君の働き――」
「ぐあぁぁぁあああ!?」
「!?」
 隊長が言い終わらないうちに、誰かの叫び声がした。
 なにやら後ろの方が騒がしい。
「どけ」隊長は人混みをかき分けて、声のした方へ向かった。「なにがあった?」
晴明はるあきさんが……古傷が急に痛み出したようで」
 そこには、地面に突っ伏してもがき苦しむ隊員の姿があった。
 しばしその様子を眺めてから、隊長は無造作に刀を引き抜いた。
「隊長……なにを?」
「こいつはもう駄目だ。侵蝕しんしょくがかなり進んでいる」隊長は一切のためらいもなく、刀を振り上げる。「正気を失う前に――斬る!」
「そんな! お止めくだ……」
 ザシュ!
 仲間の嘆願虚しく、もがき苦しむ隊員は首を刎ねられた。各所から悲鳴が上がる。
「妖怪の勢力が衰えた今、この世で最も恐るべきは侵蝕だ」隊長は言った。「邪気に侵されてしまえばその者は妖怪と同じ。情け容赦は無用。肝に銘じておけ」
 隊長が去った後も、隊員たちはしばらく言葉が出なかった。共に妖と戦った仲間の哀れな最期を前にして、心が痛まぬはずがない。
 遠くで見つめる深編み笠の男も、その一人であった。

     *  *  *

 戦国の後、幕府統治の下100年続いた平穏は突如終焉を迎える。
 きっかけとなったのは日ノ本一の山――宝永山ほうえいさんの大噴火。天高く噴き上げられた火山灰は広域にわたって日光を遮り、田畑に降り注ぎ、日ノ本に大飢饉をもたらした。
 だが噴火によって撒き散らされたのは火山灰だけではない。穢土えどへと通じていたのだろうか、火口から噴煙と共に現れたのは夥しい数の妖である。国中の猛者を集めた殲鬼隊がこれを殲滅したかに思えたが、妖は人の心に棲み続けその勢力を強めることとなる。
 朝廷はこの混乱に乗じ、西洋の強国を後ろ盾に倒幕の兵を挙げた。
 後に宝永の乱と呼ばれる大乱の、幕開けである――

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。