第7章:亡国のアサシン

 最後にスレイナと会ったのは、事件の起きる三日前のこと。
 演習場に呼ばれて、騎射を教えてもらったばかりだった。
 馬が合うわけでもなく、鹿が合うわけでもなかったが、よき戦友になれるだろうと思っていた矢先の出来事。エクサトラから訃報を知らされた時、流石に言葉が出てこなかった。
「そっか……スレイナがな……」
 結局、最後まで笑顔を見せてはくれなかった。それが心残りだ。
「やっぱり、例の旧パルミュラ勢力の仕業なのか?」
「恐らくは」
 うつむき、肩を震わせるエクサトラ。
 彼女にとって、スレイナは憧れの存在だったのだ。自分がその場に居合わせれば、あるいは――という悔恨の念もあったのかもしれない。
「このような状況ですので、すみませんが、今後しばらくの間は、夜間に一人で出歩かないようにしてください」
 また、元通りか。
 疑われているわけではないだろう。事件の夜、オレはジェロブとエミールと三人で行動していた。だからこれは、それを知らない市民たちを混乱させないための措置。
 だがオレとしては、こんな状況だからこそ、じっとしているわけにはいかなかった。
「二人なら、いいんだな?」
「はい。なるべく、それも控えていただきたいのですが」
「じゃあエミールを呼んでくれ」
「すみません。エミールはその時間、手が空いていないので、他の人で……」
暗殺者アサシン探しだろ?」
「そうです」
「だったらオレも手伝うぜ。相手はスレイナを殺したほどの奴だ。とてもエミールの手には負えないだろ?」

     *  *  *

 さっそくその夜から、オレはエミールと街の警戒にあたった。
 月の明るい晩だった。にもかかわらず、人通りは少ない。まだよい子でも起きている時間なのに、表通りですら閑散としていた。たまにすれ違う人たちには、笑顔がなかった。
 一般市民に外出禁止令は出ておらず、要人でもなければ命を狙われる心配もないのだが……やはり、スレイナの存在はそれほどに大きかったということか。
 エミールは、これまでの暗殺現場を、いくつかオレに見せて回った。
 と言っても、なにか手掛かりがあるわけでもない。暗殺は、隙あらばどこででも発生していた。夜に人気のない所で暗殺されることが多かったが、白昼堂々、人混みの中で殺されることもあった。
 エミールが最後に連れてきたのは、娯楽施設の通りを抜けた辺りの、石像が並んだ一本道。
 そこは、スレイナが暗殺された場所だった。
 軍事演習の帰り道、公衆浴場で疲れを癒したあとの出来事だったという。
 意外と近場でゾッとする。下手をすれば、ジェロブの見送りで通っていたかもしれない道だ。
「スレイナ将軍は、背後から心臓をひと突きにされて即死だった。剣も抜いてなかったって話だ」
「衛兵は付けてなかったのか?」
「付いてたけど、全員殺された。目撃者もいない」
 衛兵付きのスレイナに対して、そこまで完璧な暗殺ができるものなのか……? にわかには信じ難い。
 パルミュラの暗殺者アサシン――想像していたよりも、遥かに手強そうだ。
 この日は進展のないまま、警戒活動を終えた。
 厳戒態勢が敷かれているうちは、流石に向こうも動きづらいだろう。オレとしても、エミールの気が昂っている今は、敵と出くわしたくなかった。

 二日目から、オレは女装して警戒にあたることにした。
 エミールからは真面目にやれと言われたが、オレは至って真面目だ。
 市民を混乱させないためにも、暗殺者に気取られないためにも、女装は必要なことだった。周りからは、見目麗しい姉弟がイチャついているようにしか見えないだろう。
 三日目は王立学校の周辺で、四日目は王宮周辺で張り込みをした。
 道行く女たちをまじまじと見つめるエミールを、オレはちょっとからかってみた。
「エミールさ、胸ばっかり見てるよな」
「え……? なっ……こ、これは暗殺者探しのためだから!」
 顔を赤らめて、あたふたするエミール。冗談で言ったつもりだったのだが、まさかの図星だったようだ。
「そんなんばっか見てても意味ないぞ。オレみたいに女装してたらどうするんだ? 第一、暗殺者が男かどうかも分かってないのに」
「それはそうだけど……今までの暗殺者はみんな男だったし、目撃情報がない以上、今回のも男だと思って探すしかないだろ?」
「……だな」
 旧パルミュラ勢力になびいた女がいる、軍に内通者がいる……疑い出したらキリがない。
 エミールの言う通り、今は一つの可能性に賭けてみるとしよう。
 まあそれでも、怪しい奴を片っ端から調べておくに越したことはない。パルミュラは元々美男美女の国として知られていた。めかしこんだら、本当に男か女か見分けがつかないかもしれない。
 よい子が寝る時間になるまでに、オレたちは二十人ほどに声を掛けた。
 その中には、いつぞやの禍々しい水晶玉を抱えた老婆もいたから、ついでにいろいろと占ってもらった。
「暗殺者は、まだこの街にいるか?」
「多分」
「そいつは男か?」
「多分」
「オレの好きな人は?」
「ジェロブ」
 大正解!
「じゃあ、エミールの好きな人は?」
「やめろ!」
 そのあと、オレたちは王宮の裏門の近くに場所を移して、さらに張り込みを続けた。
 裏門を出てすぐの所に役所があるのだが、この時間はすべて閉まっていて、ほとんど人出がない。エミール曰く、王宮周辺で一番の死角だ。
 しかし、いざ行ってみれば、人出がなさ過ぎて張り込み甲斐がない。
「流石にないか……」
 エミールがつぶやき、早々に引き上げることになった。
 と――その時、オレは向こうから歩いてくる人物に目を留めた。
 エミールはなにやら考え込んでいて、気付いていない。が、オレはもうほとんど確信していた。
 さり気なく近寄り、すれ違い様、その耳元に――
「フゥッ」
「ひゃあっ!?」
 上がった悲鳴は、テノールだった。
「!」
 その声を聞いて、ようやくエミールも気付いた。
 そいつは――男だ!
「男が、女装をしてなにをこそこそとやっている? この街に入っていい男はオレだけだ」
「そうか……貴様がベテルギウス」男は屈辱に顔を歪めた。「なぜ、オレが男だと分かった?」
 オレはかつらの長髪をファサッとひと撫でしてから言った。
「なに、単純なことさ。オレが……筋金入りの変態だからだ!」
「………」
「顔や胸は女に寄せられても、骨のつくりまでは誤魔化せまい」
 その男の容貌は繊細で、ほんのりと金色がかった髪は長く、若い女のようにも見える。目の肥えたオレでさえ、なんだ、ただの美女か――と見過ごしそうになったほどだ。
 しかし女にしては広い肩幅と、くびれのない腰、小さな尻を、オレは見逃さなかった。
「大人しく捕まるならばそれでよし。だが抵抗するってんなら、腕の一本や二本や三本は覚悟してもらう。さあ、どうする?」
 男は油断のない目つきでこちらを睨むばかりで、なにも答えない。痺れを切らしたエミールが、オレを押しのけて、重ねて問うた。
「スレイナ将軍を殺したのは、お前か?」
 男の顔に、初めて笑みが浮かんだ。
「これから死ぬ奴が、聞いてどうする?」
 瞬間、男は手に白刃を閃かせ、エミールに突き掛かった。
 オレは前に躍り出て、その刃を長剣で受け止めた。
 速い。無駄な動きがまるでなかった。やはりこの男が、パルミュラの暗殺者。
 しかし、なにかが物足りない。本当にこいつが、あのスレイナを瞬殺してのけたのだろうか。それとも、他に暗殺者が……?
 そう考えていると、暗殺者は刃をかみ合わせたまま、ささやくような小声で、なにかを唱え始めた。
 ペルシス語のようにも聞こえたが、なにを言っているのかさっぱり分からない。
 そこへ、エミールの警告が耳に入る。
「まずい! そいつから離れろ!」
 オレはそれに従った。が、遅かった。
 詠唱を終えた暗殺者は、最後に一言――
「『時の深淵アビソス・ズーマ』!」
 そう言って、目にも留らぬ速さで、オレに襲い掛かったのだ。
 暗殺者の短剣は、長剣の防御をすり抜けて、オレの左胸に深く突き刺さった。
 力を失い、地面に崩れ落ちるオレの体。
「ベテルギウス……! うわ……あああ!」
 取り乱したエミールが、二本の短剣で反撃に出るが、一合も交えることなく蹴り飛ばされる。
「わめくなエミール。目を覚ませ。お前はこっち側の人間だろうが」
「!」
 突然、エミールに投げ掛けられた、意外な言葉。
 なんだこいつ……? エミールのことを知っているのか?
 オレは死んだフリをしたまま、耳をそばだててみた。
「なにを言ってる? オレはパルテミラに忠誠を誓っている」
「そういうことではない。まさか、なにも知らないわけではあるまい。自分がどう生まれ――」
「黙れ!」
 エミールが叫び、再び暗殺者に突進する。
 時間切れ。これ以上は危険だ。オレは素早く体を起こし、胸の詰め物を暗殺者に投げつけた。
「チッ、話を聞かぬ奴め。やはり殺――べふっ!?」
 乳房が暗殺者の横っ面に命中し、一瞬の隙を生む。
 間髪入れずにエミールの双剣が叩き込まれ、暗殺者は仰向けに倒れた。
「お前……生きてたのか!」
「ああ、女装してたお陰でな」
 女装で命拾いしたのは、相手も同じだった。
 暗殺者は立ち上がると、刀傷の入った両の乳房を投げ捨てた。
「オレとしたことが……油断していた。だが二度目はないぞ」
「お前もな」
 オレはお腹に詰めていた盾を取り出した。ここから先は、男と男の真剣勝負だ。
 互いに睨み合い、静かな時が流れる。
 先に動いたのは暗殺者だった。音高く石畳を蹴り、高速で刃を繰り出す。
 オレは逃げて、逃げて、逃げまくった。
 臆病風に吹かれたのではない。戦闘が長引き、人が来れば、窮地に立たされるのは暗殺者の方だ。焦らして焦らして、黒焦げになるまで、じっくり料理してやろうという腹だった。
 むろん、相手もただでは焦げない。再度、オレの知らない言葉で詠い始める。
「気を付けろ!」
「分かってる」
 言葉は分からなくとも、暗殺者が先程と同じ文句を唱えていることくらいは分かった。
 剣と盾で、万全の迎撃態勢を取る。
 そして、詠唱を終えた暗殺者が、正面から音もなく肉迫する。
 詠唱前とは比べるべくもない速さ。加速したというよりは、その時を境に、一気に倍速になったという感じだ。
 暗殺者が短剣を突き出すのに合わせて、盾を突き出す。が、その時にはすでに暗殺者は側面に回り込んでいた。白い光が走り、オレの頬から血が滲み出た。
 距離を取ろうと跳びすさると、今度は背後に暗殺者が回り込む。
「チィ!」
 とっさに身を反転させ、盾で守ろうとすると、暗殺者はさらに反対に回り込み、盾とオレの間に潜り込んだ。脇腹がカッと熱くなる。
 止まっている暇はなかった。
 刃が届こうが届くまいが、暗殺者は一喜一憂せず、ただ無言で刃を振るい続けた。
 突然、暗殺者の動きが鈍った。オレが力任せに長剣をひと薙ぎすると、暗殺者は剣でそれを受け止め、剣圧に押されるようにして大きく退いた。
 詠唱が終わってからここまで、恐らく十秒にも満たない。
「なんだったんだ……? 今のは……」
 誰に向けられたわけでもない、その問いに答えたのは、エミールだった。
「古代語魔法だ。古代語魔法は、精霊に語りかけることで、その力を借りることができる」
「なるほどな。じゃああいつがしゃべったのは、古代語ってわけか」
 魔法自体は何度か目にしいてたが、そういうものだったとは。
「お前もできるのか?」
「無理に決まってんだろ」と、エミール。「あんなのは、オレも初めて見る。語りかけるの聞いた感じだと、時間を操る魔法みたいだけど」
「オレもそんな気がする」
 詠唱後の暗殺者は、反応速度も格段に上がっていたように感じられた。
 奴からは、オレがゆっくり動いているように見えていたのかもしれない。
「エミール。人を呼んで来てくれ。オレが時間を稼ぐ」
「分かった。死ぬなよ」
 二人で掛かっても勝てる保証はない。ならば目撃者だけでも、確実に残そうという判断だ。
 幸い、ここは王宮のすぐ近く。すぐに仲間を連れて戻って来れるはずだ。
「オレが、それを許すと思うか?」
「思うぜ」
 エミールが走り出すのと同時に、暗殺者が動く。オレはその前に立ち塞がる。
 二合打ち合うより早く、暗殺者は古代語の詠唱を始めた。
 当然、そう来るよな。なら――
「ジェロブジェロブゴコウノスリキレナントヤラ」オレは暗殺者が口ずさんだ言葉を、一字一句違わず真似してみた。「ロパドテマコセラコガレオクラニオレイプサノドリミュポトリマトシルピオカラボメリトカタケクメノキクレピコッシュポパットペリステラレクトリュオノプトケパッリオキグクロペレイオラゴーイオシライオバペートラガノプテリュゴーン(魚とサメとシルフィウムとカニとエビとハトとニワトリとカイツブリとムストとピクルスのごった混ぜフリカッセ)!」」
「愚弄しているのか!?」
 逆上した暗殺者が、詠唱を中断する。
「古代語魔法は、精霊の加護ある者にしか扱えん。貴様が真似したところで無駄なことだ」
「そのようだな。だが、お前の魔法を打ち消す効果はあったみたいだぜ」
 オレの指差す先に、エミールはもういなかった。
「小癪な……!」歯軋りの混じったような声で、暗殺者が唸った。
 不思議でならないのは、なぜ、この男が古代語魔法を使えるのかということだ。
 普通の人には扱えないと、自分で言っていたではないか。まさか、その図体で幼精エレノスということはあるまい。オレよりは小柄だが、どう見ても大人だ。
 一体何者なんだ? こいつは……? まさか――
 ある一つの可能性が、頭をよぎる。
 が、それがなにかを確かめる前に、謎の男は冷ややかな声でオレに問い掛けた。
「ベテルギウス。お前は誇り高きスパルタクスの戦士であろう。なぜ、パルテミラに魂を売った?」
「それは、お前に関係のあることなのか?」
「オレの質問に答えろ!」
「やれやれ……まあ、いろいろあったんだけどな」
 ジェロブにつられただなんて、とてもじゃないが言えない。
「つまるところ、オレはこの国が好きになっちまったのさ。だから、その平穏を掻き乱すお前たちを、許しちゃおけない」
「………」
「オレからも一つ質問だ」まっすぐに、暗殺者を見据える。「パルミュラなんてのは、百年も前に滅んだ国だろう? その残党が、今さら暗躍して、一体なにをしようってんだ? パルミュラだろうと、パルテミラだろうと、みんなが幸せに暮らせているのなら、それでいいと思うのだがな」
「……そう見えるか?」
「?」
「幸せに見えるか?」
 暗殺者の声には、軽薄な返答を許さないような響きがあった。
 だがオレは、率直な気持ちを、そのまま口にしたのだった。
「少なくとも、オレから見たらここは天国だ。お前らの邪魔さえなければな」
「そうか……」
 たちまち、ドス黒い殺気に包まれてゆく暗殺者。
「貴様らの、そういうところが許せないのだ! 我らの屈辱の日々も知らずに、ぬくぬくと生きている貴様らのことが……!」
 暗殺者の剣が躍った。
 血に飢えた蛇のように獰猛で、絡みつくような、捉えどころのない剣閃。
 盾がなければ、これだけでも苦戦を強いられていただろう。剣速、癖の強さはエミールを上回る。
 だが所詮はその程度。エミールに毛が生えた程度だ。
 懐に入られることさえなければ、どうということはない。
 問題はあれだ。
 暗殺者は剣を打ち交わしたまま、馬鹿の一つ覚えのあれを、悪魔がささやくような声で唱え――
時の深淵アビソス・ズーマ!』
 オレの視界から姿を消した。
 勘を頼りに、オレは頭上に盾を掲げる。
 直後、高速で降ってきた暗殺者の剣が、盾を叩いた。
「!」
「落ちるのも速くなるんだな」
 オレには見えていた。姿が消える直前、暗殺者の体が大きく沈み込んでいたのが。それは跳躍のための大きな予備動作。
「もう三度目だ。流石に目も慣れてきたぜ」
「なにを……!」
 ソプラノの雄叫びを上げ、突きかかる暗殺者。
 跳び退くオレを追撃し、一瞬で背後を取る――ことはできなかった。
 オレの背後は、すでに建物の壁に取られていたのだ。割り込む隙間もない。
「声も高くなるんだな。面白い魔法だ」
「余裕かましてんじゃねぇ!」
 焦燥に駆られ、怒涛の連撃を叩き込む暗殺者。
 一撃の重みは増していたが、背面を守られた今は、それほど脅威ではない。
 オレは壁に背を預けたまま、盾を頼みとした最小限の動きで、雨あられと降り注ぐ暗殺者の剣を捌き続けた。
 そして頃合いを見計らい、うろ覚えのあれを、抑揚のない声で詠み上げる。
「ジェロブジェロブ……」
「だから無駄だと言って――」
 そう言いかけた暗殺者の声が、ソプラノからテノールに変わる――その瞬間。
 暗殺者の視界から、オレの姿が消えた。
「なにっ!?」
「あそびす・ずーま!」
 背後を取ったオレは、相手のお株の決め台詞を叫び、長剣を叩き込む。
 声に反応した暗殺者が振り向き、短剣で受け止める。
 なかなかやるじゃないか……だが、これで終わりだ!
 暗殺者の背後には壁。逃げ場はない。
 オレは盾に全体重を乗せ、突進をかます。
 片手の塞がった暗殺者はなすすべもなく、盾に叩かれ、壁に叩きつけられた。
「がはっ……!」
 うつ伏せに倒れ、痛みに悶える暗殺者。
 なおも剣を取ろうとするその手を、オレは踏みつけた。
「やっぱりな。その魔法……なかなか強力だが、効果が切れる瞬間は、逆にオレが速くなったように見えるらしい。全然ついて来れてなかったぜ、お前」
 なんちゃってアビソス・ズーマを決められた暗殺者は、声を出すのがやっとだった。
「馬鹿な……そんなのは分かっている。しかしあの速さは……」
「戦い始めは、なかなか調子が上がらないんでな」
 強敵と見えた時、オレの戦いは守りから始まる。
 テシオンの城壁の異名で崇め讃えられるオレの最大の武器は守備力であり、これが上手く行くと調子が出てくるのだ。序盤は体を慣らすことと、相手の癖を読むことに徹し、本調子になったところで一気に全力勝負を仕掛ける――それがオレの勝ち筋。
「まあ、一発目で殺せなかった時点で、お前は半分負けてたってことさ」
 観念したのか、暗殺者が顔を地に伏せる。
 ちょうどそこへ、仲間を呼びに行ったエミールが戻ってきた。
「もう終わったのか!?」
「ああ、見ての通りだ。そっちも早かったじゃねーの」
「仲間がもうじき来る。ちゃんと取り押さえとけよ」
 そう言って、エミールは安堵のため息をつく。
 その時、ぐったりしていた暗殺者が、血走った目でエミールを睨みつけ、叫んだ。
「ふざけるなエミール! いつまで幼精エレノスを気取っている!?」
「!」
 エミールの顔に、怯えたような影が走る。
「いい加減目を覚ませ! お前は、男と女精エレノアの間に生まれた、不完全な――」
 ゴッ!
 暗殺者がすべてを言い切る前に、オレはその頭を盾でぶっ叩いた。
「続きは牢獄で話すんだな」
 昏倒する暗殺者に言って聞かせてから、オレはエミールの方に顔を戻した。
 すべてを聞かなくても、オレにはもう分かってしまった。
 同時に、幼精エレノスでもないのに古代語魔法を使う暗殺者が、何者であるのかも――
 エミールは暗殺者を見下ろしたまま、体を小刻みに震わせていた。「違う……違う……」とうわ言のようにつぶやきながら。
 間もなくして、増援が駆けつけた。
「そいつがパルミュラの暗殺者だ。運んどいてくれ」
 呆然とするエミールの代わりに、オレが指示を出してやった。
「さあ、帰るぞ。今日はお手柄だったな」
 エミールの肩に手を回す。震えが、少しだけ収まったような気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。